307.エクセルの本来(?)の使い方 20180610

勉強会の 出席者の集計をすることになりました。

配信された エクセルファイルのフォーマットにデータを 入力していけば いいだけですが、・・・、物足りない!

せっかく エクセルを使うのですから エクセルらしい使い方をしたい と思いました。

とはいえ 使った関数は 「=sum(範囲)」「=countif(範囲,"指定文字")」「=番地」「=数値*番地」「=絶対番地*番地」だけなので エクセルを使いました って言うのは、・・・、ちょっと 恥ずかしい。

名前別の謝金等ファイルの出欠表の 名前と日付のセルに 出席ならば「〇」 欠席ならば「×」を入力すると 名前ごとの出席数 日付ごとの出席者数 名前別役割分担別の集計数 名前別の謝金等が 集計できる表にしました。

別ファイルで配信された 勉強会の出欠表は 受講者と 講師・サポータ・世話人が 一体になっていて 名前が 氏名別々のセルに入っていました。

関数を加えた表(名前別の謝金等ファイル)は 氏名のセルが分かれていなかったので ちょっと 改変して 出欠表の名前と 出席日の「〇」をそのまま コピーアンドペーストすれば いいようにしました。(←データが共有できるように セルの設定を 同じにするのは 基本だと思います。)

結果 すこぶる楽になりました。

何を言いたいか? といえば たった(?)5つの関数(←とも言えない関数)で エクセルらしい(?)使い方ができる表計算ファイルが 作れる ということです。





(04312)
----- 本文はここまでです。 コメントボタンは 右下にあります。 -----

[PR]
by s-mtsmt | 2018-06-10 22:03 | PC-life | Comments(0)

PCとデジタルカメラ関連を書いていこうと思います。


by s-mtsmt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30