254.画像ファイル管理 20170629

今日は 「デジカメ散歩」のはずです。

ちょっと訳ありで 参加できませんでした。

参加していれば 帰宅後 撮影画像の整理で 忙しくなります。

手順は 先ず 画像を見ながら 「主役」が ピンぼけのものは 削除します。
このとき ピントの合ってる部分が 「主役」になるのなら 残しておきます。

この作業は 昔から使っている VIX.exeで 行ないます。
この フリーソフトは 優秀で ウインドウズの システムツールにある エクスプローラ 機能がある 画像処理ソフトです。
トリミング 拡大縮小はもとより RGB調整 シャープネス・ソフトネス調整 回転(90°単位で) 反転 などができます。
なので 普通の画像処理は このソフトで 済んじゃいます。
ショートカットキーが ユーザー設定できるので 便利使いできます。

ちょっと 残念なのは エクスプローラのような 「検索」ができないことです。
この 「検索」機能があったら 僕は エクスプローラを 使わないと思います。

撮影してきた画像を 保存するフォルダは 8桁日付-撮影場所 の名前を付けています。

ファイルそのものにも フォルダと同じ形式で 名前を付けています。
このとき 削除した画像があるので 連番にしてしまいたいときは 自作の「ファイル一括変換プログラム」で また フォルダと同じ形式のファイル名にするときにも 同じプログラムを使います。

前にも 「紹介?」していますが 複数のカメラで撮影した 画像を 同じフォルダに入れて 時系列で整列させて 連番をつけることや ファイル名の途中に 任意の文字列を挿入したり 同じ文字列を 一括削除したり 指定文字の間の文字列の順を入れ替えたり アルファベットだけですが 大文字と小文字を相互変化したり と いろいろできる 「優れもの」だと 自画自賛しています。


こんな形で 画像の選択と ファイル名作成をしてから 「講評会」に出す画像を選びます。
選んでいくときは VIX.exeの 全画面表示スライドショー機能を使っています。

どうしても (← 本当は大抵) トリミングしたい時も VIX.exe で行ないます。(← K先生には 怒られそうな カミングアウト!!!)
このとき トリミングした画像には ファイル名後に 「ーt」を追加して 元画像と 区別しています。
後から見たとき 「ーt」がついていれば 元画像がある! と判断できます。

今日の 「デジカメ散歩」に 参加できなかったので 次の撮影会にも 参加できるかどうか分からないので 次の「講評会」に持って行く 画像を 手持ちから 選ばなくてはなりません。

季節にあった写真を 持って行きたいので 僕は 「ドライブ」そのものを 検索しちゃいます。
今度の 講評会用なら *07*.jpg で 検索します。
8PCなら ????07で 年号関係なく 7月に作成したファイルは 全てヒットしますが 10PCになったら ワイルドカードが 狂って! います。 
一文字の ワイルドカードのはずの ? が 機能しません。
また =ー「」()などの 記号は 無視されます。
ちょっと、・・・、かなり 気分悪い!

いずれにしても 検索できるような ファイル名規則を 自分で作っておくことは 画像だけでなく 全てのファイルを 死蔵させない 必須条件 だと思っています。





(03522)
----- 本文はここまでです。 コメントボタンは 右下にあります。 -----

[PR]
by s-mtsmt | 2017-06-29 12:15 | Photo-life | Comments(0)

PCとデジタルカメラ関連を書いていこうと思います。


by s-mtsmt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30