173.やっぱり楽な方が楽 20161226

昨日から年賀状作りを 始めました。
25日までに 投函すれば 元日に着く といわれても なかなかできません。

僕の友人には 元日に 友人の顔を思い浮かべながら 賀状を書く という人がいますが そこまでは がんばれません。

大昔は MS-ワードの 日本語対応編集機能は チャチだったので 一太郎を使っていました。
それの名残りで 自分だけの文書は 一太郎です。
ワードより かなり楽に 作文できます。(←使いなれているだけかも知れませんが)
他の方と 共有(?)する文書は ワードにしていますが だんだん優秀になってきているので 年賀状作成講座でも ワードが使われました。(←なんてたって ハードウエアと抱き合わせ(?)の 標準ソフト(?)になっていますから)

宛名も 一太郎に付いてきた ナンタラセレクトを使っています。
ワードの 差し込み印刷機能にも 宛名ファイル作成ウイザードがありますから、・・・、使えます。
さすがに MS-オフィスのアプリということなのでしょうか? 会社名や 部署名を 差し込む テキストボックスがつけられて、・・・、ちょっと 煩わしいです。(←削除しちゃえばいいんですけどね)(←テキストボックスの項目設定が わからないだけだと思いますので 煩わしい って言うのは 如何なものか! と言われそうですが)

葉書トレーには 10枚ほどしか入れないようにして 5枚ずつ 印刷しています。
これは 連続印刷しているときの エラーに対処するためでもあります。
大昔 宛名面に本文を印刷しちゃったり 本文と宛名を逆向きに印刷しちゃったり 連続印刷をしていたら それはもう 悲惨です。
この頃は プリンタも 進化(?)していて 実に丁寧に 注意喚起してくれます。
本文印刷の時には 「宛名面を上にしてトレーに入れて」とか 180°回転印刷の時には 「郵便番号を手前にして入れて」とか。
もちろん このようなプロンプトを 表示しないようにもできますが 大事を取って そこにはチェックを入れていません。

そんなわけで もたもた 印刷をすることになりますが 本文と宛名の印刷を プリンタの設定やら 番号の記録やら を含めてですが 1枚あたり 3分位かけて 仕上げました。

毎年 4種類の本文を作っています。
今年は 始めに 宛名を印刷して 本文別に分けてから 本文を印刷しました。
そのせいか 印刷間違えや 不足や 余分な印刷は ありませんでした。
この順番にしたのは 正解だな! と今さらながら 思っています。





(02091)
----- 本文はここまでです。 コメントボタンは 右下にあります。 -----
[PR]
Commented by kikue1017 at 2015-12-27 09:05
s-mtsmt さん
今年もお世話さまでした!
年賀状印刷間違えない様に徹底を慎重にしました。
葉書を無駄にしたくないですものね!
私も裏面は何パターンも作りました。
宛名を全て印刷して、通信麺別に分けて印刷しました。

同じで~~~す。

来年もどうぞ宜しくお願いします。
         Byおくさま
Commented by s-mtsmt at 2015-12-27 12:43
おくさま さま

 コメント有り難うございます。
 今年は 珍しく ミスゼロで 作りました。

 できる方は その順番なのですね!(同じになってよかった!)

 本文は 写真を貼り付けてから テキストボックスを挿入する方が 空き部分の関係で イメージ通りに作れることも 分かりました。(年賀状作成講座の反省点です。)

 来年も宜しくお願いいたします。
by s-mtsmt | 2015-12-26 18:52 | PC-life | Comments(2)

PCとデジタルカメラ関連を書いていこうと思います。


by s-mtsmt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30