139.リカバリー(2) 20150510

前回の内容で エラーを起こした原因が 分かりました。

文字埋め込みファイルの 保存場所を ルートディレクトリにしていたことらしいです。

Cドライブに 新しいフォルダを用意して その中に埋め込みファイルを保存すると 空きエリアがなくなっても 大丈夫でした。
ただ 初めから フォルダの中に保存しなければなりませんでした。

おそらく、・・・、おそらくですが 大量(10000位)のファイルを ルートディレクトリに 直接書き込むと ファイルアロケーションテーブルを 壊しちゃうみたいです。

そこで 作ったプログラムも ドライブとフォルダを指定しないと 次に進まないようにしました。

e0336288_23565415.png
↑ 文字列埋め込みプログラムの操作画面

e0336288_2358929.jpg
↑ 空き領域 0 になった Cドライブ

そんなこんなで 何とか完成しましたが 今のところ デスクトップPC以外に 処分対象のPCがないので プログラムの出番も しばらくはないことになりました。

考えてみれば こんなプログラムを使わなくても リカバリーディスクがあれば ドライブをフォーマットしたあと OSを復元すればいいだけでした、・・・、残念!

とはいえ このプログラムを使って 分かったことは ドライブ直下に ファイルを書き込まない方がいい FATを壊すことがある ということでした。

4月から フォルダとファイルの管理講座の講師をしている Iさんが ドライブ直下にファイルを置かないように と言っていたのを 思い出しました。

 

(01623)
----- 本文はここまでです。 コメントボタンは 右下にあります。 -----
[PR]
by s-mtsmt | 2015-05-10 12:25 | PC-life | Comments(0)

PCとデジタルカメラ関連を書いていこうと思います。


by s-mtsmt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30